ローンがある人の転職

転職とローン

転職を考える時に、ローンが残っていると今後の返済や残高の事が気になるものです。転職してもローンの借入残高がある場合には、前職の審査基準に基づいた対応をしていく事になります。実は、この審査にかかるものはその時の審査基準に基づいていますので、審査後に転職した場合などは審査時との違いをローン会社に申し出る必要がある場合もあります。例えば、カードローンを利用している場合には、審査の申し込み時点から勤務先が変わったときには、連絡をする必要があることが多いです。改めて在籍確認などを行い、支払い能力があるかの審査が行われます。

一方で家を建てる場合や、マンションを購入する場合には、住宅ローンを利用する方が多くいます。住宅ローンは控除されて税金の負担が軽くなる場合が多いありますので、物件を購入する場合には多くの方が利用されています。住宅ローンは特別の取り決めがない場合には、転職の事実を伝えなくても良いような会社も存在します。銀行などに迷惑をかけないために、支払いの滞りがないように、返済者の義務である支払いを全うさせるように、努力することが必要です。

このように転職を考える時には、利用しているローンについても考える必要があります。なるべく負担の少ないように、職場の情報提供を行わなければなりません。いずれにしても、転職をする事情があるときにはなるべく豊富な返済資金を確保しておき、転職中の自分に取り入れておきたいものです。

資金の確保

仕事をする上で、スキルアップのために転職を考える人も少なくありません。転職のプロに依頼して会社とのマッチングをしてもらい、転職活動を進める人も多いのではありませんか。どうせ働くならより良い環境やポジション、高い賃金を求めるものです。

では、住宅ローンを返済している人の場合はどうでしょうか。転職活動をして環境を変えることについてしっかりと考える必要がでてくることでしょう。たとえ住宅ローンの返済中であっても、月々の返済やボーナスの返済が問題なく行えるのであれば、住宅ローンがあっても転職するのは可能です。

気を付けるポイントは、転職するタイミングです。収入をなるべく途絶えさせないために、退職するタイミングを調整したいものです。十分な預金があれば別ですが、ローン返済分の資金を確保することを念頭に置きましょう。転職活動は、働きながら進めることでスムーズに新しい職場に移ることができます。退職する会社での引継ぎ期間も1か月間ほどはかかりますので、その期間も含めて調整します。ボーナス払いを設定している場合には、支払額を念頭に置いて、できればボーナス支給後に転職するといった配慮も必要です。住宅ローンがあるからといって、転職活動するのが難しいということはありませんが、返済に充てる資金を確保できるかが大切になります。

支出と収入

転職を考える理由の一つに、自身のスキルアップのためということがあります。スキルアップをすることで収入やポジションが向上して、やりがいを感じて働くことができますので、働く意欲が上がります。

それは、住宅ローンを抱えていても同じです。多くの人は、20年~30年ほどの返済期間を設定するのではないでしょうか。その間、住宅ローンを持つ人は毎月の返済期日にしっかりとローンを返済していかなければなりません。返済に充てるお金を稼がなくてはならないので、ローン返済中に転職するのは難しいとためらう場合もあるかもしれませんが、しっかりと計画をもって転職活動を行えば、意外とスムーズにできるものです。

転職のためにかかる期間は、収入と支出が不安定になりやすいので気を付けましょう。なるべく収入がない時期をなくすために、計画的に転職活動を進めることが大切です。スムーズに職場を移ることで月々の収入額に変動がないように配慮できるでしょう。また、転職した年は、勤務先からの税金の特別徴収がなくなりますので、市県民税の支払い通知が一括納付で届く場合もあります。転職後のボーナスが、時期によっては受け取れない場合も多いですない。こういった収入減や出費などについて、ローン返済に影響が出ないようにするための対応が必要ですね。

転職のタイミング

住宅を購入するときは多くの人が住宅ローンを利用します。このローンを利用するときには、事前にローン審査があります。もしも、転職活動をすることを考えている時期と重なるのであれば、住宅ローンを利用する住宅の購入は控えた方が良いでしょう。ローンの審査には、勤続2年間以上でないと、審査に通らない可能性が大きいのです。タイミングをずらせるのであれば、すぐに住宅を購入せずに、転職後、2年ほど空けてから住宅ローンの申し込みをすると良いでしょう。

もしも、前職に長く勤務していたとしたら、住宅審査に通る場合もあるかもしれません。しかし、新しい勤務先での収入や勤務状況が安定するのは、しばらくの期間がかかります。その間の住宅ローン返済が厳しいものになっては、生活していくのすら大変な状況になってしまいます。支払いが滞ると、物件を差し押さえられてしまう原因にもなりかねません。

スキルアップのための転職であっても、転職した年は住民税の支払いが勤め先の企業からの特別徴収が行われず、時期によっては、一括での支払いを求められることもあります。また、給与の支払いタイミングやボーナスの支給額なども変化することがありますので、事前に良く調べて賢く転職をすると良いですね。

銀行への申告

住宅ローンを返済中の方が転職をするときには、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。もしも、転職前と同じように遅滞なく毎月きちんと返済を続けているような場合には、転職前と転職後との変更点などはありません。特に、転職先を申告しなくても良い場合も多いです。もちろん、転職先を伝えておくと、いざという時安心という場合もありますので、変更手続きは取っておいても良いでしょう。

ローン支払いの延滞がない場合には、転職についての申告はさほど気にしなくても良いですが、万が一、転職した理由がリストラによるものや収入に大きな下方修正がある場合には、借入れをしている銀行に申告しておく必要があります。返済額の見直しなど、難しい場合もありますが、何らかの考慮をしてもらえる場合もあります。

転職に絡むことで、住宅ローンを返済する上で注意するべきことは、住宅ローンを申し込んだ際の審査中に転職をすることです。申し込んだ時点では、転職前の内容での勤続年数や収入になるので、改めて審査を申し込む必要があります。その場合、勤続年数や収入額の面で新しい会社での実績が乏しいので、審査に通るためのハードルが上がることになります。もしも、住宅ローンを申し込むときに転職を考えている場合には、注意が必要です。

各ローンで異なる対応

転職時に気になるローンといえば、住宅ローンの他に車を購入した時に組むローンも挙げられます。車のローンは住宅ローンほど審査は厳しくありませんので、比較的安心して申し込みができるローンではあります。

転職する予定がある時には、勤続年数が長い方が審査に有利になるため、なるべく転職前にローンの審査を受けた方が有利でしょう。もしも、転職後に審査を受ける場合には、勤続年数が1年~2年以上は経過してから車のローンを申し込むと審査に通りやすいため、計画的に転職と車購入のタイミングを考える必要があります。

他にカードローンを使用している場合にも、転職時の対応は気になります。カードローンでの返済時には、転職した際に勤務先の変更を届け出る必要があります。ほとんどの利用規約に明記されていますので、滞ることなく手続することをおすすめします。その際、カード会社から、勤務先へ在籍確認の電話がかかってきますが、カードローンを利用していることを知られることなく、対応できますので余計な心配をすることもありません。必要な届け出をすることが、気持ちよくカードローンを利用する方法のひとつだといえます。このように、ローンの種類により、転職時の対応は変わってきます。状況に応じた対応を取るように心がけることが肝心です。

失業保険のことなら何でも無料で相談できる専門エージェント