転職活動と同時に結婚する際の注意点

転職と結婚

結婚を考えている男女が同時に転職も考えている場合、気を付けるべき対応はあるのでしょうか。それは、転職をする時期を結婚前にするのか、結婚後にするのかということです。

男性の場合は、パートナーとよく連携を取りながら、結婚前に転職活動を展開した方がスムーズに、その後の結婚生活へと進んでいかれる場合が多いかもしれません。結婚してからですと、扶養家族がいたり、新居を構えたりするため、身軽に動くことが難しくなります。もしも、結婚してから転職活動を続けたいという事でしたら、家族にも影響がありますので、待遇や賃金面でのすり合わせを家族でしておく必要があります。

また、女性の場合には、独身期の方が身軽な転職活動が行えます。しかし、入社後すぐに結婚したとなると、面接などで告げていなかった場合には、採用した企業側は、とても残念な気持ちになるでしょう。長く活躍してもらうつもりだったのに、すぐに産休や育休の取得をするつもりなどと、実際の業務を行うよりも、そういった結婚に関わる手続き面の方がクローズアップしてきてしまいます。これを防ぐために、どちらかといえば結婚後に新しい職を探したほうが良いのではないでしょうか。もしも、適性のある魅力的な職場が、結婚前にあったとしたら、結婚の予定がある旨を伝えて、転職活動を進めてみても良いのではないでしょうか。

このように、男性の場合と女性の場合では、結婚前後に転職したい理由に違いがあります。どちらも、誠意を持って結婚する旨について、企業側に伝えることができれば、スムーズに転職活動をすることができますね。

男性の転職

結婚を控えた男性が転職を考える場合には、どのようなケースが考えられるのでしょうか。例えば、転勤が多い仕事についていた時には、結婚を機に一か所に落ち着きたいと考える場合もあります。単身赴任で夫だけ転居するケースも多いですが、家庭も円滑にまとめていきたいとしたら、家族が揃って生活することを望むでしょう。または、家族を養うために少しでも高い収入を得るために転職を考える場合も多いです。いずれにしても、妻や子供のために生活を安定させたり、収入を増やしたりするために転職を考える場合が多いのではないでしょうか。

このように、男性が結婚を機に転職を考える場合には、自分一人だけのためにやりがいを追及したり、ステップアップを考えたりするためにという理由が挙げられることは少ないでしょう。むしろ、家族のために心地よい生活を送りたいという目的で転職する場合が多いです。

結婚を考えている男性が転職をするのは、家族を想ってのことが多いでしょう。結婚した後には、男性一人で転職を進めることは簡単なことではありません。パートナーと相談をしながら転職活動を進めることで、円滑に結婚生活も進めることができるのではないでしょうか。何事も相談することで、パートナーとの絆も深まります。

パートナーとの連携

結婚を考えている男性が転職をするのは簡単なことではありません。妻となるパートナーの意見や両親の意見なども聞かなくてはならないからです。結婚を控えている場合の転職活動はいつ頃がお薦めでしょうか。

もしも、現状の仕事内容や報酬に満足がいかない場合には、なるべく早めに転職しておく方が無難です。できれば、結婚をする前に転職しておいた方が無難かもしれません。その場合も、いずれパートナーに転職の事は伝えておいて、了承を得ておくことも重要です。そうすることで、お互いの信頼関係の構築にもなるでしょう。

そういう状況下で、希望の条件に合うポジションがタイミングよくあれば良いのですが、都合よくそのような状況になるとも限りません。常に転職情報でのアンテナを張ることで、タイミング良く希望の職種と出会える確率が高くなります。その場合は、希望の年収や待遇面での条件をパートナーと話し合っておくと良いでしょう。希望の条件と合致した時のみ、転職活動を進めるという合意が取れていれば、後々もめることもないでしょう。このように、結婚を考えている男性は、パートナーとのコミュニケーションを密にとりながら、転職活動を進めると良いのではないでしょうか。

女性の結婚と転職

転職したい女性は人生設計において、タイミングを計ることがとても大切です。これは転職した直後に、結婚したり出産したりすることで、雇った企業側に、仕事を引き継いでも、結局長く働いてもらえないという印象を与えてしまうからです。実際に、転職直後に出産して産休や育休を取得することができないように、入社1年後から産休や育休の取得が認められています。働く側も、そのような面での配慮もある程度必要です。

では、結婚を考える女性はいつ頃、転職すればよいのでしょうか。望ましいのは、結婚後に落ち着いてからというのが無難でしょう。結婚前に転職した方が、身軽に転職が進められるというところではありますが、結婚していることで女性は多くの配慮するべき事情が発生します。例えば、夫の仕事の都合で転勤があるかもしれませんし、すぐに子どもが誕生するかもしれません。このようなことを転職後の職場で話すことは、言い出しにくくて気を遣います。しかし、誠意的に話すことで、悪い印象を与えずに済むことも多いのです。ライフワークバランスを重視している企業も増えていますので、女性のライフワークについて、意見を言われるシーンも少なくなっています。というようなことから、結婚を考えている女性は、結婚してから転職をするのが望ましい場合が多いといえるのではないでしょうか。

ワークバランス

結婚を考えている男女が同じ会社で働いている場合は、どちらか一方が転職する必要があるのでしょうか。それは、勤めている会社の雰囲気にもよりますが、より大切なポジションについている方が残り、一方は転職した方が無難であるという場合が多いでしょう。

その多くの場合は、女性が転職する場合が多いのではないでしょうか。女性の場合は就労率は上がっているものの、契約社員や派遣社員で就労している方も多いです。したがって、転職するのは女性の方が無難であるということでしょう。このように、結婚を機に転職をする場合には、正社員への転職は簡単ではありません。何か、スキルアップできるような魅力を備えてから、転職活動をするのをお薦めします。例えば、何か難しい資格にチャレンジすることや、今までのスキルを結集したポジションを探すことなどです。計画的に転職活動をすることで、結婚前よりも自分に合っている仕事と出会えるかもしれません。

結婚を機に転職を考えたら、スキルアップまで同時に手に入れたといった、一石二鳥の状態になることが出来れば最高です。そういった目標の為にもパートナーとの調和をみながら、自分自身もスキルアップしながら転職活動をするといった対応が好ましいものです。ライフワークバランスとの調和を取りながら、結婚と転職を同時に進めていきたいものです。

志望動機など

結婚を機に転職することになったら、志望動機はどのように伝えたらよいのでしょうか。結婚相手が同じ職場に在籍する場合や、新居の居住予定地が遠方にあり通勤することが難しくなる場合など、様々な理由があるでしょう。どのような事情であるにしても、結婚することで前職を辞めざるを得なくなった場合には、転職活動を開始することを余儀なくされます。結婚を機に転職する場合には、事前に少なからず状況を把握している場合がほとんどですので、できるだけ、準備を周到に進めることが肝心です。スキルアップができて、転職してよかったと思える活動をするようにしましょう。

例えば、求人サイトなどの確認をこまめに行い、条件に合う転職情報を逃さずキャッチするようにしたり、転職する時期に合わせて、スキルアップに役立ちそうな資格を取得しておいたりするなどの努力が必要です。

このように、結婚を機に転職活動をするケースもありますが、企業との面接の際には志望動機には、その会社での魅力や志を伝えるようにすると好ましいでしょう。結婚して職場を変えたいからという志望動機だけでは、どの会社でもいいという印象を与えてしまいます。その会社でぜひ働きたいという意欲を面接官に伝えられると良いのではないでしょうか。

失業保険のことなら何でも無料で相談できる専門エージェント

前の記事

ローンがある人の転職