転職をしない方が良い人の特徴

転職すること

2020年は、新型コロナウイルスの影響によって、職を失ってしまった方が急増しました。2020年9月時点で50,000人もの方がリストラされたり、会社が無くなってしまうなどして職を失ってしまったそうです。リストラなどをされなくても、ボーナスがカットされてしまったり、お給料が少なくなってしまい、生活するのが困難になってしまった方は、50,000人よりも多くいると推測されております。これまでと同じ生活水準を取り戻すためにはどのようにしたら良いのでしょうか?

元と同じ収入に戻すためには、副業をするか転職をするかが最も現実的な方法だと言えます。もちろん新型コロナウイルス騒動が沈静化し、元の企業と同額程度で働けるようになるという選択肢もありますが、新型コロナウイルスの騒動がいつぐらいに沈静化するかわかりません。企業も大きなダメージを負っておりますので、新型コロナウイルスが沈静化した後すぐに、元の水準のお給料を従業員に渡すことができるようになるかは微妙なところです。

副業などは色々とありますが、現在の仕事をしながらですので、体力的に難しいという方も多く、現実的ではありません。投資なら会社勤めをしながらでも可能かも知れませんが、やはり投資ですのでリスクもあります。その為、現実的なところ転職が最も確実な方法だと言えます。しかし、転職は誰でもできるという物ではなく、転職をしない方が良い人も存在します。転職するということをしっかりと理解し、自分で判断しなければ行けません。

転職するメリット

転職をするメリットを考えたことはありますか?メリットをしっかりと把握した上で、大変な部分などを比較するようにすると、自分にとって転職すべきか否かを理解することができると思います。転職するメリットは、現在の会社よりも年収が増える可能性があったり、やりがいのある仕事をすることができたり、新しい人間関係を構築することができるなど、自分をワンランク上のステージに移行させることができる事です。

現在の仕事に嫌気がさしている方は、労働の内容とお給料のバランスが崩れていると自覚している方が大半です。大変な仕事なのに思ったようなお給料がもらえないと思っている方は、会社に対してネガティブな印象を持っているはずです。そういった方にとっては、転職はとても魅力的に感じるはずです。

また、同様に自分がしたいと思っていた業務に携わることができないといった理由であったり、上司や同僚との人間関係が上手くいかずにストレスを感じているなども転職することで解消することができます。特に自分の仕事を正当に評価してもらえないなどの悩みを抱えている方にとっては、転職がターニングポイントになるかもしれません。もちろん転職したからといって必ずしも事態が好転するとは言い難いのですが、それでも一度しかない人生ですから、転職にかけてみたい気持ちもわかります。

転職に向かない人

転職は、今の自分の環境や考え方を変えるなどのメリットもありますが、当然ながらリスクもあります。そのため、誰が転職をしても必ず幸せになれるという物ではないのです。中にはどうしても転職に向かない人が出て来てしまうのです。

転職に向かない人の共通点として挙げられるのが、明確な理由を持たずに転職してしまう方です。転職をする際には、しっかりと自分の意思で決める必要があります。今の職場よりも良くなることも多いかも知れませんが、やはり大変な部分も出てきてしまいます。そういったことに直面した時に、しっかりと信念をもって転職した方でしたら、どんなに高いハードルであっても、超えていこうと努力することができますが、なんとなくで転職した方は、また他の会社に転職してしまう可能性が高くなっております。

もちろん今の職場がブラック企業であったり、パワハラなどを受けていて、精神的に辛いというのであれば、一刻も早く転職をするべきであると断言することができますが、なんとなくと言った理由で転職してしまうと、現在の職場での地位よりも低くなってしまう可能性があります。転職はギャンブルだという方もいますが、しっかりと下調べをすることによって、リスクを軽減することができますので、ギャンブルのようなリスクをなくすことができます。

転職前にできる事

転職するためには、いくつかのポイントがあります。その為、転職する前にどれだけ下準備をすることができるのかによって、転職の成功率が大きく変わってしまいます。転職する前にできる下準備として絶対に行って欲しいのが、自己分析です。自分の事を客観視し、自分の売りはどこにあるのか、自分が今の会社で努力してきた事、成しえた事は何なのかなど、面接で質問されるであろうことを、しっかりと時間をかけて確認しておくようにしましょう。この時に、自分の価値を高く見積もりすぎてしまうと、転職を失敗してしまうリスクが高くなってしまいますので、冷静に判断することが重要になります。

自分の価値を高く見積もってしまう方の特徴として挙げられるのが、高学歴の方、資格を持っている方、そして大企業に務めた経験がある方です。企業によっては、出身大学や大企業に勤めた経験などがマイナスに働いてしまう可能性があります。いい大学を出ているのにこんなことしかできないのと思われてしまったり、大企業に務めた経験が全然生かせていないではないかなどと思われてしまうために、転職の難易度が高くなってしまうのです。もちろん選んだ転職先が、そういったことに魅力を感じる可能性もありますので、一概には言えませんが、そういった可能性があることをしっかりと理解しておく必要があるのです。

最後は自分で判断する

これから転職しようと思っている方は、一人で最初から最後までしようと思わないことが重要になります。一人で全てを行おうとすると、どうしても視野が狭くなってしまいますし、冷静に判断できない可能性があります。その為、必ず専門家に相談し、アドバイスを貰うようにしましょう。

なぜ専門家に相談するのかというと、知人などに相談すると、どうしても主観が入り込んでしまい、冷静な判断が付きにくい可能性があるからです。その点、専門家の方などは、これまで何人もの転職希望者の相談にのっておりますので、安心してお任せすることができますし、そもそも転職が必要かどうかなど客観的に判断し、アドバイスをしてもらうことができます。

専門家に相談したいという場合には、転職エージェントなどを利用するようにしましょう。転職エージェントは、完全無料で利用することができますので、金銭的な負担もありません。一般的な求人サイトとは違い、必ず担当者が付いてくれますので、安心してアドバイスを貰う事ができます。もちろん転職エージェントには、相談しアドバイスを貰う事ができますが、最終的に判断するのは自分です。自分の意思で決める所を決めないと後悔するリスクが高くなってしまいます。

転職する際の注意点

転職する時に注意して欲しいのが、可能ならば在職中に転職活動をするということです。特に今年は、新型コロナウイルスの影響によって、転職活動がとても難しい年となってしまいました。資格を持っているからすぐに転職先が見つかるだろうと思って、会社を退職してから就職活動をしてしまった場合、なかなか決まらずに、生活保護のお世話になってしまう可能性も十分に考えられるのです。

そして転職活動をする時には、会社の同僚やそれに近い人には内緒にしておくようにしましょう。転職活動という話題は、会社にとっては、とても繊細でネガティブな要素のある話題です。特に自分の上司の方などは、部下が転職してしまう事で業務内容の変更を余儀なくされてしまったり、上からの評価が落ちる可能性があるなどマイナスな事しかありません。お互いのためにも内緒にしておくようにしましょう。

会社の規約に合わせて、辞める際に報告すべきタイミングをしっかりと理解し、逆算する形で面接に臨むようにしましょう。そうすることで、辞めてすぐに転職先の会社で働くことができるようになります。会社の状況や、自分が引き継ぐ量なども調整しながら、報告するタイミングと転職先で働くタイミングを合わせることが重要になります。

失業保険のことなら何でも無料で相談できる専門エージェント