転職を繰り返したほうが良い人ってどんな人なの?

転職のメリット

転職には、本当に沢山のメリットが存在しております。その中で最も大きい物は、仕事に対して自分が求めている物を得ることができる可能性が広がるということです。仕事に対して求めている物は、それこそ人によって異なります。お給料などを沢山もらいたいという方もいますし、仕事にやりがいを求めている方もいます。人に会うのが苦手なので、事務や研究室などで仕事をしていたい方もいますし、お給料はそこそこでも構わないので、残業のない仕事や休みが多い仕事などを求めている方もいます。
現在働いている会社では、自分が理想としている働き方ができない方でも、転職すれば、そういった働き方が可能になる可能性があるのです。

もちろん人間関係の良い会社で働きたいという方も増えてきています。コミュニケーションの取りやすい職場というのは、変えがたい財産であることは間違いありません。しかし、働きやすさというものは、会社の上司や社長が変わるたびに変わってしまいます。これまでやりがいのあった仕事であっても、どうでも良いように扱われてしまうと、やる気が出なくなってしまったり、責任をもって仕事に取り組むことができなくなってしまう事もあります。そういった状況の時などに、転職することで自分の理想としている働き方を得ることができる可能性があるのです。

転職して成功する人

昭和の時代では考えられないかも知れませんが、今や2人に1人は転職すると言われている時代ですので、転職をしたことがあるということが、必ずしもデメリットにはなりません。しかし、転職した回数が5回以上あるような場合だと、面接官にネガティブな印象を与えてしまうことにも繋がります。その為、転職回数が多いと言う方は、面接官が持ってしまったネガティブな印象を、逆に自分の武器として説明していかなければいけないのです。転職回数の多さをメリットに変えることができる方は、何度転職をしたとしても、採用されてしまうのです。

転職の多さをメリットに変えるためには、転職で得た経験が豊富であることをアピールすべきです。特に同業種での転職は、同じような業種の仕事であっても、会社ごとにやり方や考え方が異なりますので、転職の数だけ多方向からのアプローチが可能だということになります。

また、転職経験が豊富であるということは、新しい環境に適応する能力が一般的な人よりも高いということになります。新しく採用したとしても、すぐに輪に入っていくことができるコミュニケーション能力の高さを魅力と感じる面接官も少なくありません。このあたりをベースに組み立てていくことができる方は、何度転職をしても問題ないと言えます。

転職しない方が良い人

色々な理由で転職せざるを得ない方はいますが、中には転職することで大きく道を誤ってしまう方もいます。転職した方が良い人がいると同時に、やはり転職に向かない人というのも存在するのです。特にこれまで何度も転職を繰り返し、そのたびにお給料が下がってしまったという方であったり、辞め癖が付いているような方には、転職は向かないかも知れません。

また、自分の事を高く見積もっている方も転職には向きません。市場価値というものは、日々流動的に動いております。過去に褒められた経験があったり、重宝されていたとしても、現在の価値は暴落している可能性があります。特に転職は、年齢が上がれば上がるほどに難しくなってしまいますので、自分自身の価値を高く見積もりすぎていて、市場価値との間にギャップがあるような場合には、転職活動をしたとしても、自分が思っているような転職先に内定をもらう事は難しいのかも知れません。

同じような理由で、やけにプライドが高いという方も、日本国内においては転職することが難しいと言えます。もちろん卑屈になりすぎるのもいけませんが、あまりに自分の実力とそぐわない自信を持っていると、転職を成功させることは難しいと言えます。

転職で失敗する人

転職を何度も繰り返す方の中には、転職をするたびにお給料がアップしたり、働きやすい環境になったりと転職自体が成功に繋がる方も多いのですが、やはり転職する度に不満が募ってしまい、何度も転職を繰り返してしまうという方も少なくありません。転職を失敗し、何度も繰り返し転職してしまう方には、いくつかの共通点があります。転職を失敗してしまう方に共通しているのが、今の会社から逃げ出したいなどといったネガティブな理由で転職活動をしていたり、転職先の会社を選ぶ理由が、お給料ややりがいなどひとつに特化していてトータルで判断できていないなどの理由があります。

転職する理由がネガティブな理由の場合には、自分に自信を持てていない状況の方が多く、そういった方はネガティブなオーラがでてしまっておりますので、面接官の方にあまり良い印象を持たれません。

他にも多い要因が、前回の転職で失敗した理由を分析していないということが挙げられます。転職した際に、なぜ転職が失敗してしまったのかを理解していないと、同じ失敗を繰り返すことになります。もちろん失敗には、自分だけでなく外的な要因も多いと思いますが、しっかりと確認しておかなければ、何度も同じ失敗を繰り返すことにつながります。

次の転職で最後にする

何度も転職を繰り返している方が、次に転職をする時には、次の転職先で骨をうずめる覚悟を持って転職活動をするようにしましょう。またダメだったら次の会社に転職すればよいなどと考えていると、転職活動が上手くいきません。転職は人生を大きく変える物ですから、ある程度は真剣になって転職活動しなければ成功しないのです。転職を成功させるためには、とにかく時間が必要になります。その為、急に転職するのではなく、前々から予定しながら転職活動を行うということが重要になります。その為、絶対に退職する前から転職活動をすることが重要になります。くれぐれも退職してしまってから転職活動をしないように注意してください。

また、転職活動をする時には、具体的に転職活動先をイメージすることが重要になります。転職をする上での条件を明確にしつつ、どのような規模の会社に転職したいのかを自分自信の中で確認し明確化してください。その会社に採用してもらうために必要な実力を備えているのか。どのような部分が足りないのかなどを確認しておくと、転職が成功する確立がアップします。

その会社が重要視している資格なり経験などが分かれば、具体的に対処のしようがあります。現在の会社に勤めながら、必要な資格を取得したり、転職先の会社に必要な実務経験をつんだりと具体的な努力が必要になるのです。

転職を成功させるコツ

転職を成功させるコツは、タイミングを考えるということです。転職する時には、中途採用の枠が増える時期を狙うということが重要になります。転職しようと思っている業界にもよりますが、基本的には1月から2月末くらいまでが、中途採用が増えやすくなっておりますので狙い目の時期です。

また、中途採用を狙うためには、少し前から準備することが重要になります。転職するメリットやリスク、いつくらいから転職活動をすべきかなど、転職をする前に考えなければいけない事は山ほどあります。その為、時間を見つけて前々から準備をするようにしましょう。

転職活動をはじめる時には、情報収集がとても重要になります。最近ではスマートフォンなどから簡単に情報を得ることができますが、逆に情報量が多すぎて迷ってしまう方もいるので注意が必要になります。情報収集をする時には、自分を客観視し、自己分析を行った上で情報収集をすると、自分にとってどの情報が必要で、どの情報が不要であるかを判断することができます。決しておごることなく、客観的な目で自己分析を行う事が重要になります。しっかりと転職活動を行い、転職したことを後悔しないように、しっかりと前向きに努力をすることが重要なポイントになります。

失業保険のことなら何でも無料で相談できる専門エージェント